© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

  • LinkedIn Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

​帰化申請と名前

 名前とはどの国の人にとってもその人のアイデンティティである重要なものであります。実際に日本において、生まれてきた子供に名前を付ける際には、姓名判断という名前に関する占いについて書籍などを買って調べて、名前を付けることもあるそうです。実は帰化申請においても名前が問題になることがあります。それは帰化申請において許可がおりて、日本人となった後にも、現在の名前を使い続けるかと言う事です。今回は帰化申請において現在の名前を使い続けるメリットとデメリットを紹介いたします。

 

①帰化申請後の名前は自由に選ぶことが出来る

 

 基本的に帰化申請受付時において、申請書に帰化許可後に使用する名前を書く欄があります。帰化申請をする方の多くは、帰化許可後も元の名前をそのまま使用する方、日本での生活で使用している通名を使用することを希望する方です。ただ、必ずしもこの2つでなくてはならないというわけではなく、自由に名前を使用する必要があります。但し、氏名の内、名に関しては常用漢字及び戸籍法施行規則において指定されている文字、氏に関してはその他の正しい日本日本文字を使用することが出来ます。

 

②どうやって名前を決めるべきか?

 

 帰化許可後の名前に関しては自由に決めることが出来るので、自分が気に入った名前を用いることをお勧めいたします。中には占い師に帰化後の名前を相談する方もいるようです。但し、個人の状況によっては元の名前を使用すること、通名のある方は通名を使用することが良い場合があります。実際に帰化後に名前を変えると、クレジットカードなどの名義変更も必要ですし、仕事においても支障が出るケースもあるようです。ですので個人の状況等も総合的に勘案してご対応することをお勧めいたします。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now